インタビュー:ディエゴ・ペロッティ「アレッツォには苦しめられたが・・・」

スポンサーリンク

アレッツォ戦を1-3で勝利したフォンセカのチームは、この夏のプレシーズンマッチ10試合を9勝1分で駆け抜けた。(注:内5試合はトリゴリアで行われたトレーニングマッチ)

1週間後にはアウレリオ・アンドレアッツォーリ率いるジェノアを迎えての開幕戦が控えている。この試合で得意のリゴーレを決めたディエゴ・ペロッティはチームの状況などを語った。

ペロッティ「アレッツォは今夜良いプレーをしたよね。出来ればレアルマドリー戦のように入りたかったけど、彼らは俺たちを苦しめたよ。だけど、ゆっくりながら少しずつリズムを作って勝つ事が出来たんだ。良いテストになったね」

――10試合9勝、これらは公式戦ではありませんが、シーズンには役立つと感じています。

ペロッティ「間違いないよ。幾つか良いチームと戦い、そのほとんどを勝利した。俺たちはまだまだフィジカルは完璧じゃないけど、(仕上がりには)満足はしているし、開幕のジェノアに向けて良い準備をしている。ただ、彼らは簡単な相手じゃないけどな」

――フォンセカの大きな変更はウインガーの役割です。EDFと比べて、より中央でプレーする機会が増えましたね。

ペロッティ「そのやり方だと、他のアタッカーとの距離をコンパクトに保てて、ゴールを決める確率が上がるんだ。俺たちはこの分野においては監督のオーダー通りのプレーができてる。監督が変わった直後は本当に難しいんだけどね。でも俺たちはシーズンを上手く迎えられると思うよ」

――この1週間でザニオーロ、ウンデル、ジェコとの契約更新がありました。これらはロッカールームでどのような作用があったのでしょう?

ペロッティ「本当に大きな意味があるよ。2人の若手と1人の経験豊富なベテランは決して簡単に替えの利かない重要な選手たちだ。クラブは本当に上手くやっていると思う。移籍市場はまだまだ開いているけど、ここまでのローマの動きは満足できる内容だね」

コメント

スポンサーリンク