ペッレグリーニ主将、2021年を総括する
詳細へ
スポンサーリンク

【優勝後のコメント】モウリーニョ監督「今夜私は100%ロマニスタになれた」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SKY SPORTのマイク

その涙が私たちに感動を与えます。

モウリーニョ監督「(泣きながら)これまでの色んなことが頭をよぎるんだ」

多くのファンがスタジアムに集まりました。これまでローマは50年間、ヨーロッパのトロフィーを獲得していませんでした。

モウリーニョ監督「選手たちにはこう話した。「君たちはトリノで自分たちのやるべきこと、仕事をやり遂げた」と。今夜は仕事ではなく歴史だった。歴史に名を書き残すか、否か。そして私たちはローマの歴史に名を残した」

すぐに成功を手にすると思っていましたか?

モウリーニョ監督「カンファレンスリーグは最初から勝てるという感触があった。その後マルセイユやフェイエノールトといった非常に強いチームの存在で、徐々に難しさを感じる大会になった。ところで、ここでひとつだけ言わせてくれ。私は来季もここに残る。たとえどんな噂があっても関係ない。次もローマを指揮する。何かを手に入れたいわけじゃない。ただローマにいたいんだ。このプロジェクトは継続可能だ。誠実なオーナーたちと、このプロジェクトが次の段階で何をすべきかを理解して、明確にしていく」

ローマ就任はあなたのような監督にとってギャンブルでした。しかし、あなたはわずか1年で歴史的なタイトルを手にしたのです。

モウリーニョ監督「歴史的?それはローマだけではなく私にとっても同様だ。最近異なるタイトルを制覇したのが私とファーガソンとトラパットーニだけと言われて、すっかり老け込んだ気持ちになっていたよ(笑)でも本当に美しいタイトルだ!この後は夏休みさ。故郷のビーチに行くとするよ」

自身がロマニスタだと感じていますか?

モウリーニョ監督「もちろんだ!と同時に私はポルティスタであり、インテリスタであり、チェルシーに夢中なマドリディスタでもある。そして今はロマニスタなんだ。我々は皆家族で、困難な時も一緒に過ごして、幸運にもこのような素晴らしい瞬間をともに歩んでいる。私が働くクラブのために、私が愛するクラブに敬意を表するために、今の私は100%ロマニスタなれたよ」


DAZNのマイク

イタリアが最後のヨーロッパのトロフィーを獲得したのは『スペシャルワン』によるインテルです。そして再び『スペシャルワン』がトロフィーを持ち帰った。

モウリーニョ監督「いいや、イタリアはユーロで優勝しているし、ユヴェントスは毎年のようにチャンピオンズリーグでイタリアをけん引してきた。来季のヨーロッパリーグのローマを頑張ろう。来季チャンピオンズリーグに出場するイタリアンクラブを見てみよう。そして、カンファレンスリーグでフィオレンティーナが後に続くように一緒にがんばろう」

早くもあなたの去就を心配する人たちがいます。彼らを安心させることはできますか?

モウリーニョ監督「100%だ。100%ここに残る。なぜなら大切なもののために戦うことこそが私の幸せだからだ。だから絶対に残る。誠実なオーナー、日々一緒に過ごしている仲間たち、トリゴリアのスタッフ、そして愛すべき選手、さらには一生涯続くだろうロマニスタたちがいるならば、なぜこの街を出ていくことができるだろうか?今夜彼らは私に感謝しているかもしれないが、むしろ感謝しているのは私の方だ」


ローマTV+のマイク

ミステル、ご存じかどうかわかりませんが、ローマがタイトルを獲得してすでに2時間が経っています。

モウリーニョ監督「ポルトガルでこんな言葉がある。私がタイトルを獲得して二日経つと彼らはこう言い始めるのさ。「モウリーニョはもう3日もタイトルを獲得してないぞ」ってね。その言葉は本当にプレッシャーだ!」

<了>

コメント

  1. 匿名 より:

    DAZNのインタビューでのコメントが素晴らしいですね
    イタリア代表はともかく、国内のライバルクラブであるユベントスやフィオレンティーナに称賛やエールを贈るなんて昔のモウリーニョでは考えられないことです

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました