【FBref データで読み解く】ASローマ・シーズン前半大解剖
詳細へ
スポンサーリンク

【ローマショートニュース】財政を圧迫する選手たちとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ローマが継続性を意味出せない理由のひとつに、バックアッパーの低下が挙げられるだろう。彼らは試合に出ていないだけで、チームの技術面、経済面を圧迫する存在となっている。彼らは実質的にローマの給料平均を引き上げる存在となっているだろう。

それら選手たちを見ていこう。

フェデリコ・ファシオ
2022年6月末までの契約で、年俸220万ユーロ。彼は最初にカリアリ、そしてこの冬にパルマ行きのオファーを蹴った。

ファン・ジェズス
今シーズンで契約満了。カンピオナートでプレーしない選手に220万ユーロを払っている。彼もジェノア行きという最後の貢献を断った。

ダヴィデ・サントン
ローマにおける本物の失踪。彼は年俸150万ユーロ。いくつかの魅力的なオファーを断っている。

アマドゥ・ディアワラ
元ナポリ選手は、今シーズン残留を決めたが、常にスーツケースを持っている。250万ユーロ。

ハヴィエル・パストーレ
ローマ病院の長期入院患者は、年俸450万ユーロと、クラブで本当の経費削減ポイントとなっている。

また、移籍の噂はないものの、真の意味でクラブを納得させるに至っていない選手として、パウ・ロペス(350万ユーロ)、カルレス・ペレス(200万ユーロ)などが挙げられる。

これらの中で最も冗長性の低い選手がブルーノ・ペレスだ。彼は最も低い年俸180万ユーロでありながら、現在リザーブとしてフォンセカ監督のお気に入りである。(Keivan Karimi記者)

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました