ペッレグリーニ主将、2021年を総括する
詳細へ
スポンサーリンク

スカマッカのお父さんがトリゴリアで暴れて車を片っ端からぶっ壊す

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

↑このヒゲのおっさんがローマのスポーツセンターぶっ壊しました。

以前、ぼくがやっているセリエAのスタッツに振り切ったyoutubeチャンネル『セリスタ』でこんな動画を配信しました。

これ何かというと、スタッツを掛け合わせて、シューターの質、決定力を数字でみれますよというものです。この動画の公開時点でセリエAの全フォワードの中で最も決定力のない一人がジャンルカ・スカマッカで、彼が誰かと言うとトリゴリアで暴れたこのヒゲのおっさんの子供なのです。スカマッカは元ローマのプリマっ子でもあるので、動画内でぼくが10分くらい愛あるいじりで喋っていますので、良ければ軽く倍速にしつつ観てみて下さい。

話を戻すと、そのスカマッカのお父さんが、なぜか昨日トリゴリアに登場。車でゲートを突き破ると、バールで警備員を脅した後に、門を叩き、警備員の詰め所や街頭にタックルを見舞ったそうです。ちなみに45歳でいい大人です。その後、チアゴ・ピント、モルガン・デ・サンクティス、マウリツィオ・ロンバルドといったフロント陣の車の窓ガラスを尾崎ばりに叩き割り、スピナツェト警察に現行犯逮捕、連行されて現在精神鑑定を受けています。一説にはサッスオーロのユニフォームを着ていたとのことですが、ぼくが動画を見たときは上半身裸でした。なお、通報したのは下部組織の子供のお母さんとのことです。

この破滅型の父親を持つジャンルカ・スカマッカはすぐにメディアに声明を出しています。

スカマッカ「ニュースでこの事件を知り、その出来事全てに大きなショックを受けました。本当になんと言ったら良いか…。ぼくの家の話をするのは個人的に苦痛ですが避けて通れないと思うので説明させて下さい。父と母は長らく別居しています。離婚はしていませんが、それはそもそも彼らが婚姻関係にないからです。ですから、ぼくはずっと母と妹と3人で生活してきました。彼女たちはぼくの家族です。ですが父とは本当に時折会うだけでした。この話は自分の心の中に留めておく家族の歴史です。今はぼくたちのプライバシーを尊重して頂ければと思います。また一部、ぼくの移籍に関する金銭要求の報道もありましたが、父がぼくのキャリアのマネジメントに関わった事実はありません。今回のことで非常に動揺していますし、なんと言っていいのかわかりません」

生きていればこういうこともあるよ、とはなかなか言い難いレアな事件ですが、スカマッカには気を取り直して最終節頑張ってもらいたいです。Forza Gianluca!

追記:モルガン・デ・サンクティスは今年大きな交通事故を起こしているので、車が壊れたのこれで2度めとなります。ツイてないですね。

以下告知というかロマニスタ諸氏、セリエAファンへのお誘いです。

冒頭に書いたyoutubeチャンネル『セリスタ』で、今シーズンおつかれ&インテルスクデット記念の公開収録を行います。ゲストはDAZNのセリエA解説者でお馴染みの細江克弥さんをお迎えする予定です。間違いなく楽しい会になります…なりますが!問題はインテル記念回なので、ぼくがアウェイ状態になるということです。判りますか?ジュゼッペ・メアッツァで8万人のインテリスタたちに囲まれるようなものです。この状況を打破するにはみなさんの存在が必要です(マジで!)

下のリンクページに参加応募フォームがあります。

細江克弥氏(セリエA解説者)をゲストにお迎えするインテルスクデットSP公開収録の参加募集!|セリエAのスタッツが楽しく読めるようになっちゃいます!|note
こんにちはセリスタです。みなさん楽しくセリエA生活していますか? 突然ですが、2021.5.29(土)20:30よりZOOMによるオンライン公開収録を行います。 【収録内容】 配信日6月予定、60分配信を予定(収録時間は120分を予定) ホスト:セリスタ(kisaragi,TORA) インテルの11年ぶりのスク...

ちなみにですけど、この応募フォームから細江さんへのお題、質問も受け付けています。ローマ戦の実況解説で大変なことは?とか、ローマとラツィオどっちが好きですか?なんてことも訊くことができます。

セリスタ自体まだ始まったばかりのチャンネルなので、ゲストを招いてイベントします的なことは正直我々自身時期尚早だと思ってはいるのですが、それでもセリエAファンに喜んで頂きたい、スタッツからサッカーを見るという面白さを知ってもらいたいと思い企画しました。ですので、5月29日(土)午後20:30からの収録に参加できるロマニスタ、もしくはなんか困ったら助け舟出してもいいよーというサッカーファンのみなさんぜひ積極参加をお願いします!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました