ロマ速YouTubeチャンネル開設しました!
詳細へ
スポンサーリンク

ASローマ学~フリードキングのローマ再生案とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

我々はとんだお人好しで、間抜け野郎で、現実から目を逸らして、そして誰よりもローマを信じすぎていたのかもしれない。毎年恒例の赤字が発表されても、それでも「また選手を売ることになるのか・・・」という気楽な認識を変えなかった。しかし、いよいよこの夏、ロマニスタよりも先に一部のセリエAのファンは真剣に疑問に感じ始めた。

「ローマってなんでいつもお金ないのだろう?」

その疑問は当然だ。3度のスクデット経験を持つ首都のチームで、毎年ヨーロッパの大会に出ていて、必ず数人ワールドクラスの選手を擁して、メルカートでは安く連れてきた選手を天文学的な高値で売却しながら、生え抜きの選手を上手に起用するしたたかなクラブなのである。それなのに毎年多額の負債がニュースになる・・・彼らが疑問に感じるのは当然だ。


続きはnote版ローマ速報で購読できます。下のリンクからよろしくお願いします。

ASローマ学~フリードキンのローマ再生案とは?|ASローマ速報~ROMANISMO|note
我々はとんだお人好しで、間抜け野郎で、現実から目を逸らして、そして誰よりもローマを信じすぎていたのかもしれない。毎年恒例の赤字が発表されても、それでも「また選手を売ることになるのか・・・」という気楽な認識を変えなかった。しかし、いよいよこの夏、ロマニスタよりも先に一部のセリエAファンは真剣に疑問に感じ始めた。 「ロー...

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました