来なかった人たちのコメント:デヤン・ロヴレン、ケヴィン・ストロートマン

スポンサーリンク

この夏、ストロートマン獲得の噂の真相を聞かれたペトラーキはこう話した。
「記者さんから様々な噂が出てくるが、実現の可能性は低いだろう」しかし、実際はオファーを出していた模様。ペトラーキ、つくづく食えない男だ。

「マルセイユでは監督が俺に残留して欲しいと言ってくれた。でもイタリアからちょっと移籍の話があったんだ。ローマだよ。でもマルセイユはそのオファーを検討しなかったし、売るには十分じゃないと考えたんだ。仮に今所属しているクラブが俺に出て言って欲しいと思っているときに、古巣から戻ってきなよと言われたらそりゃ俺だって揺れるさ。それ以降なにも無かったけどね。昨年マルセイユと5年契約を結んだ。仮に会長が出て行けって言ってるならそりゃ気分は悪いよ。でも実際はそうじゃなかった。逆さ。まだ4年契約は残ってる。俺はここを出て行こうとは思わないね」

噂のあった一人。破談になりスモーリングが来ました。その理由を本人が語っています。
デヤン・ロヴレン(リヴァプール)「ミランは私の獲得を希望していたが、より熱心だったのがローマだ。しかし、私は自分が何者かを伝えるためのプレーはしない。私はプロフェッショナルだ。私はチャンピオンズリーグを優勝して、ワールドカップで銀メダルを手に入れた。素晴らしい成果を上げたと思う。それなのにレンタル移籍なんてする気はないよ。2年前にリヴァプールと4年契約を結んだ。他のクラブでは不可能な経験を楽しんできた。クロップは他に良いクラブがあれば移籍を容認すると言ってくれたが、実際は私を必要としてくれたんだ」

コメント

スポンサーリンク