前日会見:ローマ、ミラン両監督コメント

スポンサーリンク

ローマサイド

――ボルシア戦を踏まえて、再びマンチーニが中盤でプレーする可能性は?

フォンセカ監督「十分可能性としてはあるだろう。現時点で私達に多くの選択肢はない。彼はそのポジションで上手くプレーをしており、その点に於いては変更を加える必要はないね」

――負傷や出場停止などで疲労がチームに蔓延する恐れを感じますか?

フォンセカ監督「ボルシア戦で私達はこれまでで最も多くのエリアをリカバーしたというデータがある。これは雨を吸った重いピッチでありながら強いインテンシティがあったということ。ミッドウイークに試合をしていないミランに対して、早く万全なフィットネスコンディションに戻ることを目標にしている」

――無所属選手の獲得についてどのようにお考えでしょうか?

フォンセカ監督「その話はしたくない。その人物がチームの一員である場合のみ話すだろう。何か進展があればその都度伝えていく。現在は完全にミラン戦に集中している」

――ウンデルとムヒタリアンの進捗状況は?

フォンセカ監督「ミキはまだトレーニングを開始していない。ウンデルは今日のトレーニングからチームに戻る予定で、ミラン戦に出場はできないが次の招集はあるだろう」

――先日、ファビオ・カペッロ(元ローマ監督)は、セバスティアーノ・エスポージトにニコロ・ザニオーロのようになってはいけないと忠告をしました。その言葉をあなたはどう考えましたか?

フォンセカ監督「その発言について、私は見てもいなければ聞いてもいないので、コメントをすることはできないね。私が言えるのは、私達は全員ザニオーロに大きな信頼を抱いているということだ。ザニオーロには並外れた才能がある。当然、慢心せずにこれからも改善しなければならない。これまで何かしらの外的要因が彼に影響を与えたのかもしれないが、少なくとも私がローマで知っているニコロ・ザニオーロは常にトレーニングで模範となる選手だ。彼は常に素晴らしいプロ精神を見せてきた。一生懸命仕事に取り組み、献身性を示してきたのさ。それが私達にとっては重要なことなんだよ」

ミラノサイド

マルディーニはこう話した。「パニックにはならないが、それでも勝つまで10年も待てない」と。ピオーリ監督はその意見をリスペクトしつつ、自身の意見を前日会見で述べています。


ピオーリ監督「ここミラノでは誰もがミランに野心があり、トップに戻る必要があることを知っている。10年も時間を掛ける余裕はないんだ。そうでなきゃ明日の試合のために私はプレスルームにはいないのだからね。マルディーニさんはそれを明快な表現で伝えたまでさ。私達は明日のローマに勝利してできるだけ早く主役に返り咲かなければならないんだ」

――ようやくチームとのフルウイークを過ごしてどのような感想を持ちましたか?

ピオーリ監督「当然良かったさ。お互いを知る意味でも、ボーイズのモチベーションを知る意味でもね。私達はローマ戦で正しいアプローチをしなければならない。(そのために)大切な一週間になったね」

――対戦表は気になりますか?(ミランはこの後ユーヴェ、ラツィオ、ナポリとのカードがある)

ピオーリ監督「あらゆる試合が自分たちのメンタリティを示す機会でなくてはならない。対戦相手が強ければ強いほど、ミランも強さを発揮できる。だからスケジュールは気にしていないね。ただ明日の試合について考えるだけさ。もちろん、レッチェ戦の最後で犯した間違ったシチュエーションには気を払う必要がある」

――ローマはトラブルに巻き込まれているように見えます。

ピオーリ監督「しかしまだ彼らは1敗しかしていない。確かにローマは怪我人が続出しているが、時にそういったチームがコレクティヴに戦うことがある。明日は強い気持ちをもった相手を期待している。そしてミランはそれよりも強い決心を持たなければならない」

――カルダラの状態は?

ピオーリ監督「良くはない。先週彼をプリマヴェーラで調整させたが、昨日疲労が出て、足にも痛みがある。彼は重要な選手の1人なので、できるだけ早く復帰させたいと考えている」

――4位フィニッシュは可能ですか?

ピオーリ監督「昨シーズンのミランは現時点で15ポイントで4位だった。私達は本気で仕事に取り組むべきだ(Dobbiamo rimboccarci le maniche = roll up our sleeves)」

なんで対戦相手の前日会見を掲載したかというと、ピオーリの会見をテキスト速報していたぽいサイトを見つけて、ローマ以外でもそういうのあるんだな~って面白かったからです。サイトといっても単にSKY SPORTSですけど笑

ローマとミランは言い方悪いけれど、どちらも「ワンチャンある」と思っているだろうし、この勝利を踏み台に浮上できるのではないかという気持ちがにじみ出ている。お互い一番欲しくないのは引き分けでしょう。まだ全体的に団子状態のテーブルなので、今節ローマが勝利すると全体的な順位変動がありそうな予感です。あと今のミランってボバンもマルディーニもミラン愛が強すぎるというか、異様にタカ派の印象が強くて、これが1シーズン経ってどう作用しているかは特に気になります。

余談ですが、10年ほど前にヤマザキマリ(テルマエロマエの作者)の漫画で、ボバンのファッションセンスがすごい悪いって書いてあって、それ以降ずっとボバン(とタッデイ)のファッションを追ってるんだけど、ミラン入閣した際も変なワンポイントの入ったスーツ着ていてある意味安心しました。みなさんはまず彼のwiki画像から慣らしていって下さい(笑)

コメント

スポンサーリンク