冬の新加入:ホジェル・イバニェス

スポンサーリンク

アイバニーズと言えば、スティーヴ・ヴァイモデルで有名な、世界的なギターメーカーのイメージがぼくは強いのだけれども、この冬、ローマはアタランタからギターメーカーと同じ名前のRoger Ibanezを獲得しました。ただし、読み方はポルトガル語に倣うとホジェル・イバニェスなのだそう。

21歳のブラジリアン、センターバックは、買い取り義務の800万ユーロ+ボーナス200万の18ヵ月のレンタルによる加入。それにしても、ファシオ、チェティン、ジェズスというバックアッパーがいる現在、新しいセンターバックを獲得したのは何故なのでしょうね?スモーリング獲得失敗の保険か、それともジェズス辺りの放出を認めたのか。考えると面白い。投資かもしれないし、将来的に3バックをメインに戦うならば頭数は必要かも。

──ようこそローマへ!ここに来た気分は?

イバニェス「本当に嬉しいです。ローマは大きなクラブで、ぼくの望むあらゆるものがある。ここで上手く行くと確信しています」

──アタランタの経験でどういった改善、成長をしたのでしょうか?

イバニェス「とても多くを学びましたよ。イタリアでは守備がとても重要です。みんながぼくに手を貸してくれたのです。その点で、ぼくはこの数年でかなり成長しました。だから、ローマでも上手くプレーできるかなと思っています」

──イバニェスはどのような選手なのでしょう?

イバニェス「俊敏で、良いテクニックを持ってる。跳躍力もあるから、ヘディングも得意です。でも、それをお見せするにはまずプレーしなければなりません。元々はセンターハーフだったから、1列上でもプレーもできると思っています」

──パウロ・フォンセカ監督とは話をしましたか?

イバニェス「はい。監督からは、ぼくのプレーが好きで、どのようにローマにフィットするか楽しみだと言ってもらえました。それがローマに決めた理由なんです」

──ローマのプレースタイルをどのように感じましたか?

イバニェス「日曜日のダービーを見ましたが、ハイテクニックのチームという印象です。常にボールを回していくスタイルはとても気に入りました。個人的にはそういうのってサッカーでとても大切なんじゃないかなって思うんですよね」

──個人目標は?

イバニェス「試合に出ること!でも、その前に一生懸命トレーニングしなきゃいけないし、チームメイトとも仲良くなりたいですね」

〈了〉

コメント

  1. alberto7 より:

    そう、ローマは個人がローマに合わせる力が必要なチーム。
    個人力だけではフィットしないからね、頑張ってフィットして戦力になってください。

スポンサーリンク