ボローニャ戦前日会見:パウロ・フォンセカ監督「ジェコはロッカールームのリーダー」

スポンサーリンク

──レッジョエミリアで何が起こったのでしょうか?その理由は把握していますか?

フォンセカ監督「何が起こったのか、監督として分析する必要があり、いつも通りそうした。把握はできている。私は常に選手たちと話をしているが、ロッカールームで起こった事をここで話すつもりはない。プレーにはバランスが不可欠で、私たちはこの件について多く話し合った。ひとつ間違いないのは、クラブ、監督、選手、全員が団結しているという事だよ」

──ミキタリアンとパストーレは呼ばれますか?

フォンセカ監督「2人は通常のトレーニングに戻っている。パストーレよりはミキの方が状態は良い。両者共に召集されるだろう」

──良いパフォーマンスの後に悪い内容が続きました。ローマは勝者のメンタリティを失った。違いますか?

フォンセカ監督「私たちはメンタリティを変える努力を続けているが、理由はそれだけではない。サッスオーロに対して戦術を誤り、選手も技術的なエラーをした。後半は少しはマシにはなったが、前半試合の入りが悪く、バランスを失った。戦術的にも技術的にも良くなかったと思う。現在、メンタリティの改善にも取り組んでいる」

──コラロフはチームの精神的なカリスマです。ボローニャ戦で彼を起用しますか?

フォンセカ監督「明日見てみよう。まだ幾つかの疑念があるので、誰がプレーするかは話したくない。ただ、コラロフはロッカールームのリーダーの1人であり、スターターは十分可能だよ」

──出場停止のペッレグリーニの仕事をパストーレはできますか?

フォンセカ監督「パストーレはまだ十分ではないが、その位置ならば、ミキとクライフェルト、またはペロッティがプレー可能だ」

──ディアワラがいなければ、ローマはバランスを失います。ここをどう補正しますか?

フォンセカ監督「良いポジショニングと戦術眼で、彼がこの役割を完璧にこなしているのは事実だろう。しかし、クリスタンテにも同じ能力がある。これはポジションの話なので、マンチーニを置いても意味はない」

──ジェコをカリニッチの後ろに置くというアイデアはありますか?

フォンセカ監督「それも考えたが、今からシステムを変えるのは簡単ではない。だが、試合の中でそうなる可能性はある」

──ジェコは、ローマは強いが、若者はもっと頑張るべきだと主張しました。賛同しますか?

フォンセカ監督「彼はキャプテンとして、若手だけではなく、全員に責任があると言ったんだ。これらは誰かに対する批判ではなく、単なるアドバイスだと解釈したね。ジェコはロッカールームのリーダーだ。そんなに重いトーンではなかったはずさ。私たちはサッスオーロに負けたが、それはクオリティが欠如していたからだ」

〈了〉

コメント

  1. 匿名 より:

    なぜフロレンツィを移籍させてまでサントンだったのか理解できません。
    ポジショニングとか最悪じゃないですか?
    あと、フォンセカ監督はフォーメーションを含めてやり方を変えていかないと勝てないと思います。

    • 如月/kisaragi 如月/kisaragi より:

      匿名さん
      フロレンツィは移籍させられたのではなく、自分で出ていったわけですが、
      サントンが新しいスタメンに相応しいかは確かにわからないですよね。
      ただ、ポジショニング最悪が、ドリブルを指しているならば、
      今結果になっていなくても持ち上がる選手は貴重だし、それこそ監督は勇気あるプレーだと評価しているのかもですね。

  2. カリム より:

    ボロボローニャ…

スポンサーリンク