ファン・ジェズス「この先もずっとローマで」前編

スポンサーリンク

そこはかとなく漂う育ちの良さからか、なぜか1試合で軽率な1ミスという甘ちゃんなアビリティを有しているために、歴代監督からTPOに応じたピンポイントの起用法で使われていたJJことファン・ジェズス。しかし、スモーリングのブレイクとマンチーニの運営推しで、いよいよそれを許さないフォンセカ体制になってからは、出場機会が激減して移籍の噂も出始めている。おそらく今が正念場だろう。今回は、そんなJJの生い立ちや、どのようにヨーロッパにやってきたのかをお伝えしたい。

――どんな子供でしたか?

ジェズス「元気でいたずら好きな子供だったよ。それでいてシャイな一面もあった。両親に聞けば、きっとぼくがいけないことばっかりしていたって言うはずさ。以前、ブラジルに帰省していたとき、息子を叱ったら父と叔父に言われたよ。「あまり怒鳴るんじゃない、その子はお前の子供の頃にそっくりじゃないか!」ってね」

――ブラジルではどこで暮らしていたのでしょうか?

ジェズス「ベロオリゾンテ都で生まれたけど、暮らしていたのは都内から少し離れたベチンという場所だよ。父は一生懸命働いて、ぼくたちに必要なものは全て与えてくれた。裕福な家庭で育ててもらったと思う。その頃、子どもたちは居住区ごとにライバル関係にあって、午前中に勉強して、午後から地元のグラウンドに集まって遊んだ。近所の子供達20人から25人くらいでかくれんぼもしていたよ。このご時世じゃもう考えられないけどね。あとは、クリケットにちょっと似ているtacoという遊びもしてたね。むちゃくちゃ楽しかったね。昨年の夏に家族で遊んでみたんだ。かなり久しぶりで超懐かしかった。勉強はちゃんとしていたよ。でないとサッカーをさせてもらえなかったんだ。そこらへん両親はキッチリしてた」

――サッカー選手になりたいと思いましたか?

ジェズス「サッカーと出会ってからいつもそう思ってた。5歳の頃かな、3つ年上の兄の試合を観に行ったんだ。兄は本当に良い選手だった。周りはみんなサッカーをしていて、誰もが将来プロになると言っていたよ。ぼくは7,8歳くらいで地元のクラブに入った。最初はオフェンシヴなミッドフィルダーとしてプレーしていた。しばらくして、アメリカミネイロ(アメリカFC)のトライアルを受ける機会があった。14歳の頃で、もうすっかり本気でプロを目指そうって思っていた。授業が終わり、ランチを食べてから一人でバスに乗り、最寄りの駅まで行った。そこから練習場までは電車でさらに40分掛かった。そこは芝ではなく土のピッチで、ぼくは14から17歳までそんな生活を送った。父は最初の3回付き添ってくれたね。治安の悪い地区を通過しなくてはならず、チームメイトたちと合流して一緒に通った。でもゴールキーパーの子がその地区の出身だったから、安全が保証できたので安心して通うことができたんだよ」

――プロへの道は見つかると思いましたか?

ジェズス「まさかこのレベルのクラブまで到達するとは思わなかったけど、プロになれると信じていたよ。ミネイロでプレーした後は、ベロオリゾンテで一番のビッグクラブだったクルゼイロに移籍して、その後はオランダに行くものだとばかり思っていたからね」

――オランダ?

ジェズス「そう。それが当時多くのブラジル人の海外進出のルートだったから。だからぼくもそうなると考えた。ぼくは91年生まれだけど、89年生まれのカテゴリーでプレーしていた。年上と対戦するのはキツかったよ。そんなある日、友人から、ポルト・アレグレのインテルナシオナルのトライアルを受けに行かないかと誘われた。1週間悩んだ。ミネイロで年上に揉まれている方が良いと思ったけど、結局行くことにした。ぼくは15歳で、別に他のクラブのトライアルくらいなら、もし不合格でもミネイロに戻れると思っていたんだよ。別に契約していたわけじゃないからね。そしてぼくは見事合格さ。その頃から徐々にプロでやれると感じるようになっていった。そのために10代を犠牲にする必要があった。つまり、友達と遊びにいけなかったりとかね。あの時代の犠牲を活かしきれず、今は別な仕事に就いていたり、3部リーグでプレーする人たちを多く知っている。つまり簡単な道じゃなかったよ」

――いつディフェンダーに転向したのでしょう?

ジェズス「インテルナシオナルのトライアルで、父はセントラルミッドフィルダーではなく、センターバックの前で守備的なプレーをしろとアドバイスしてくれた。守備は得意だったからね。これがハマって、ボランチでプレーすることになった。その後、とある試合でディフェンダーが試合直後に退場してしまい、監督からセンターバックに入るように言われたんだ。そこでも上手く行って、このポジションになった。サッカーあるあるだよね。アタッカーが中盤になって最後にはディフェンスみたいな話はね」

――いつトップチームに昇格できたのでしょうか?

ジェズス「プリマでプレーしている間も、トップチームの練習には呼ばれていた。その時、監督がホルヘ・フォサッティさんに代わった。フォサッティさんはたまたまぼくがサイドバックでプレーするのを見ていて、それがきっかけで正式にトップに加わった。全く期待していなかったから、このチャンスを与えてくれたフォサッティ監督には本当に感謝しているんだよ。それだけじゃない。ぼくはまだ自分がトップでやれるなんて自信も確信もなかった。怖かったんだ。だけど監督はぼくの背中を押して助けてくれたんだ。2010年にリベルタドーレスで優勝すると、どんどんプレー時間は増えていった」

――その頃からヨーロッパでプレーしたいと思うようになったのですか?

ジェズス「ヨーロッパへの関心は前からあったんだ。2011年の夏、ナポリが問い合わせをしてきたんだよ。でも会長は、ぼくが重要な選手で、リーグが終わる12月まで売却しないと説明してくれた。その後、インテルに加入することになった。ぼくはすでに20歳になっていた。そう言えば、とても好きな思い出があるんだ。初めてミラノに降り立つと雪が降っていたんだ。雪で街が覆われていた。ぼくは生まれてはじめて雪を見たのさ。インテルでたくさんプレーしたね。23歳でアドリアーノの記録を破り、100試合出場を果たした。その後、ローマに行く機会がやってきた。ローマはビッグクラブで、スパレッティさんがチームを指揮して、何度もチャンピオンズリーグに出場していた。景色を変える必要があった。だから即答で行くと答えた。こうしてインテルとの時間は終わった。それからローマでは、素晴らしい体験をしてきた。カンピオナートで何度も2位、3位になり、チャンピオンズに準決勝まで到達したよね。ぼくはまだまだこれからもローマで多くの事を成し遂げたい。だからこの先もローマで暮らしたいんだよ。ぼくはローマが大好きで、それは家族も同じなんだ。息子はローマ生まれだ。なのに、どこにぼくが去りたいって理由があるのだろう?」

後半につづく

コメント

スポンサーリンク