パジェッレ セリエA第30節:ナポリ(A)

スポンサーリンク

SSC Napoli Sunday, 5. July 2020 AS Roma
2:1
goals
1 : 0 José Callejón 55. / right-footed shot  (Mário Rui)
1 : 1 Henrikh Mkhitaryan 60. / right-footed shot  (Edin Džeko)
2 : 1 Lorenzo Insigne 82. / right-footed shot

・Pau Lopes 6.5

復帰戦は上々。むしろよくいろいろと防いでくれました。

・Mancini 4.5

たくさん攻撃されたのにほとんど目につかなかった。組み立て業務をほぼ放棄し年長者に丸投げしたホワイトワーカー様。

・Smalling 5.5

3バックセンターはあまり慣れていないように見えた。怪我は軽度でありますように。

・Ibanez 4.5

マンチーニと同じ評価。まだストロングポイントがわからないし、挙げられたクロスではほとんど負けていた印象。ところで、前評判のパス能力の高さはどこだ?

・Zappacosta 4.5

これまでの中では最も高いクオリティを見せてくれたとは思うが、2失点目の時にインシーニェから目を離したミスはあまりにもお粗末だった。

・Spinazzola 6

ボールを持てば必ず仕掛け、クロスまで完遂したところは評価したい。コンビネーションが生まれれば必ず脅威になる。

・Veretout 6

やはり中盤の選手だということを再確認。ローマが前2戦に比べてまだマシになった要因の一つは、ヴェレトゥの献身性が広範囲に見られたところだと思います。

・Pellegrini 4.5

注意力が散漫でパス精度も低い。誰かにスペースを作ってもらいお膳立てを受けないとキラーパスを出せない過保護なトップ下は、あまりにも前時代すぎる。

・Mkhitaryan 6.5

ショートカウンターの鬼。今の凝り固まったローマでの唯一と言っていい得点パターンである。

・Kluivert 4

今のポジションが適正でなかったとしたら、どこができるんだろう。ドリブルチャレンジは容易にクリバリに潰されていた。正直もう厳しさを感じてしまう。

・Dzeko 5

今のチームでできることはほとんどなかった。

・Fazio (↔︎Smalling) 5.5 前節の不安がよぎったけれど、3バックセンターならスモーリングより良かった。パスの供給元になったし、若干だけれどラインも高く保てたような気がする。(気のせいかも)

・Zaniolo (↔︎Kluivert) 6

気持ち的には出場してくれた時点で7.5以上ではある。思っているよりも全力でストップアンドゴーをしていたし、無理をしないようにセーブする姿も見られた。7割程度でのプレイだったけれど、それでも流れは確実に変わっていた。ザニ君ぺろぺろタイムだった。

・Cristante (↔︎Pellegrini) 4.5

消極的なプレイに徹していて、正直大きく失望してしまった。しかもそれは今日だけではないんだよね。

・Fonseca 4

これまでに比べるとトンネルの出口の光は微かに見えたのかもしれないけれど、ほぼ同じ戦術で3連敗をしたという事実。これはイコール何もしていない、と解釈されても言い訳はできない。

総評

もう負けても悔しいとも思わなくなってしまう状態まで来てしまった。今シーズンもこれまで何度も不調の試合があったけれど、僕の記憶によるとそれは2連敗で治っていて、3試合目には勝利する、もしくは何らかの改善点が見られていた。それが僕にとってのフォンセカ監督への信頼感だったのだけれど、今日のナポリ戦でそれもどこかへたち消えてしまった。 この3試合に通じることだけれど、3バックは明らかに悪手にしか見えません。

組み立て元はアンカー(今日はヴェレトゥ、前2試合はディアワラ)だけとなり猛チェイスをかけられる。それを一人で回避しながら展開するのは、それこそグレートなデ・ロッシだからこそ出来たロールであって普通の選手では90分間完遂できない。フォンセカ監督から絶大な信頼を寄せられているディアワラありきの作戦だったろうから、そのディアワラが無理ならこの戦術は手放すべきでした。結局キーパーか最終ラインからの苦し紛れの放り込みに終始して、フルボッコの方程式が完成である。

両サイドに張ったままのWGの稼働率は著しく悪くなり、その中で活躍するのは経験豊富で実力者のムヒタリアンのみで、それ以外の若手はまだ応用が効いていない。もう残り8試合なら戦術の確率よりも、目の前の勝ち点を毟り取りに行くべきであって、我々にはたとえ脂身の塊だったとしてもカロリーが必要なのである。もうCLとは言わない。それでも「今シーズンの希望はザニオーロ残留だけ」などという、あまりにも悲しい目標を持つのは自分でも情けなくて涙が出てくる。ぜひ実利を取りにいっていただきたい。

text・構成:m♡o♡s♡h

コメント

スポンサーリンク