セリエA第34節SPAL前日会見:フォンセカ監督「ペッレグリーニを信じている」

スポンサーリンク

SPAL戦に先駆けて、ミステルが会見を開きました。


前節インテル戦は、おそらくあなたが指揮をしたなかで、対戦相手の質を考慮すると、これまでで最も良いパフォーマンスだったと思います。このような試合を引き分けたときの選手の精神面についてご説明お願いします。

フォンセカ監督「うちの子たちはよくやったよ。だが、試合を引き分けて、それが嬉しくないのは当然だ。今はもうひとつのタフな試合の準備を進めている。SPAL戦では、インテル戦と同様の姿勢が必要となるだろう。私たちにとって大事な試合になるし、そのように臨まなければ勝利はない」

スピナッツォーラは最後のミスまではピッチで最高の1人でした。彼がPKを献上する場面をどのように見ましたか?

フォンセカ監督「スピナッツォーラは調子も良く、殆どの試合をプレーしている。上手くやっているよ。それでも、今回のような場面は試合中に起こり得る。あれは組織やポジションの間違いではなく、単なる不運だ」

SPALは既に降格が決まっているチームです。フェラーラではどのような試合を予想しますか?

フォンセカ監督「この状況で彼らは厄介な相手と言えるだろう。既に彼らにはプレッシャーはなく、自由にプレーできるはずだからね。つまりそれは、私たちにとっては難しい試合だよ。簡単な試合とはならない。これまでに見せた姿勢が必要になるはずだ」

現在ジェコの下に2人の攻撃手を置いていますが、そこでは非常に運動量が求められます。ミキタリアンとペッレグリーニのコンディションはどうでしょうか?

フォンセカ監督「2人とも疲労している。彼らがスターターかどうかは明日まで様子をみてみよう。ただし、ロレンツォに対する批判には一切同意しない。忘れてはならない、彼が怪我で何度か戦列を離れたことを。そして、どれだけチームの為に頑張ってきたかを。私はロレンツォを完全に信頼しているし、彼への批判はフェアではないと思っている。彼はロマニスタで、誰よりもこのチームに情熱を注いでいるのは、ピッチのロレンツォを見ればわかるはずだ。たくさん走り、チームメイトの為に献身的なプレーをする。ローマにとって重要な選手だよ」

明日はターンオーバーをしますか?

フォンセカ監督「いくつかの厳しい試合を続けて戦ったから、変更の必要はあるだろう。全ての選手の状態を確認する」

ニコロ・ザニオーロはチームに戻りますか?

フォンセカ監督「またまコンディションは完全ではなく、チームに戻ってはいない。それよりも、彼について書かれた間違いについて、この場を借りて説明しておきたい。私を知る人ならば、私が真実しか話さないと知っている。ザニオーロについての一部の報道は完全に間違いであり、私が彼と話して、問題はないと言うなら、それは事実だ。逆に問題があれば私から言うだろう。現在彼は故障している。その他に問題はない」

その後、フィジカルテストで良い結果が出たことで、ザニオーロは今節の遠征メンバーに入りました。早くスタメンで見たいですね。いまのシステムはウインガーを使わないので、サイドを主戦場としてきたザニオーロが良いプレーをすれば、ウンデルやクライフェルトにとってもヒントになると思います。

コメント

スポンサーリンク