ジャスティン・クライフェルト「正しい方向に進んでいる」

スポンサーリンク

応援はしてるし、ずいぶんと頼もしさは増したけど、ラツィオ戦なんかは、まだエゴイストでやっていいところと、パスを出すべきところの判断が曖昧で、このままならば使われなくなるような気もします。せっかく本職の左に戻ってきたんだから頑張って、ジャスティン!

成長

クライフェルト「おいら以前よりも強くなったよ。フィジカルも改善されてる。それ以外にもたくさん良くなった。これからもっと試合に出て、アシストやゴールを決めるかどうかはおいら次第なのさ。

アヤックスの躍進

クライフェルト「おいらはずっとアヤックスを観てきた。すべての試合を観てるんだ。彼らを誇りに思っている。どこもアヤックスのようにはプレーできないんだよ。ときどき考えるよ。「もしかしてアヤックスでプレーできたのかな」って。でも違うよね。おいら、自分でローマを選んだんだ」

ローマ

クライフェルト「10年間、アヤックスで学んできたけど、いまはそれらがより完全にやれるようになってきた。以前は自己満のドリブル馬鹿だったけど、いまのおいらはもっと視野が広く、戦術眼も養われたよ。昨シーズンのおいらは10分、20分しかプレーさせてもらえなかったけど今季は違う。おいらスターターだ。しかもローマダービーでプレーしたんだ!昨シーズン、おいらはそんなビッグマッチでプレーさせてはもらえなかった。だから全てが正しい方向に向かっていると思う」

オランダ代表

クライフェルト「クーマン監督がおいらを召集きないのは当然さ。さっきも話したけどオランダ代表に呼ばれるほど試合に出ていないんだもの。まずはU21のトレーニングをしっかりこなして、ドイツとエストニアの試合で何ができるか見てみたい。なんにしても、オランダ代表U21に帰ってきたのは、おいら誇らしい気持ちなんだよ!」


note版ローマ速報始まりました。ゲストでもフォローできるのでお願いします。スキボタンを押してもらえるだけで超テンション上がります!

内容はローマのマニアックな深堀を目指しつつ、まずは過去のローマ速報をリブートしたアーカイヴマガジンの発売を目指します。

コメント

  1. NAKAYAMA より:

    10年間育ったクラブを簡単に忘れられないだろうし、もしかすると自身に言い聞かせる意味もあるかもだけど「自分で選んだんだ」って口に出してくれてるのは嬉しいです。選んでもらえるクラブって事ですもんね!
    インパクトの強い背番号変更と共に記憶に残るシーズンなればいいなぁ。
    がんばれジャスティン!

    • 如月/kisaragi 如月/kisaragi より:

      NAKAYAMAさん
      ジャスティンは起用サイドで全くスタイルが変わるのだけど、
      まずはウンデル同様にジェコの近くでプレーしてみて欲しいですね。

スポンサーリンク