ジャスティン・クライフェルト「パパの存在をプレッシャーだと思ったことはない」

スポンサーリンク

サッカーと黒人文化のクロスオーバーを目指すマルチメディアマガジン、BLACK ARROWのインタビューにクライフェルトが答えています。

クライフェルト「ローマの冒険の最初は大変だったよ。異国に一人でやってきたし、言葉も違うしさ。でもそれが人を強くするのかもね。言葉を覚えて、習慣や生活を学んだんだから。パパはヨーロッパのレジェンドでトッププレイヤーだった。アヤックスでプレーしたストライカーで、チャンピオンズリーグの決勝を戦った最年少記録を持つ選手なんだよ。オランダ代表で最多得点記録も持っている。これは黒人選手としても誇りなんだ。パパとママは離婚したけど、それがぼくたち兄弟を強くしたと思う。パパからは本当に多くを学んできた。そんな父親を持つことが何のプレッシャーになるってんだろう?他のオランダ人レジェンドだと、セードルフさんは見た目にしなやかで強くパワフルだったね。父と一緒にプレーしていたよ。ダービッツさんはピットブル(闘犬)と呼ばれていて、ピッチではあらゆるボールで戦った。ファン・ダイクさんはぼくが代表デビューしたときのキャプテン。アーロン・ヴィンダーさんはアヤック時代の監督で、現役時代は本当に良い選手だったよね。彼らは全員黒人で伝説的な選手なんだよ」

コメント

スポンサーリンク