ロマ速YouTubeチャンネル開設しました!
詳細へ
スポンサーリンク

ジェコ「ここまで来たなら勝者の資格を信じるだけ」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

柏木由紀がラジオで「うち、親がめっちゃ厳しくて、下着が透けるの凄い注意されたんですよ」と話していたのを聞いたのですが、それなのに手越祐也とスキー旅行行った写真は流出するんですね、プライベートの性事情は透けてますよ?と思いました。
でも、そんなものかもしれないですよね。人ってちゃんとやってるつもりでそうでも無いわけで、親に注意されて「下着透けないようにしよっと」と考える人と、それを教訓に「他人に見られているということを意識して、生活全般に緊張感を持ちたいですね」という2つのタイプに分かれるわけです。ローマだって「ヨーロッパリーグ負けないようにしよっと」と考えていているからといって、カンピオナート負けてもいいと思っている訳では無い。下着透けないように気をつける事に精一杯で、男性アイドルとプライベートで写真を撮るリスクまで頭が回らないだけなんです。この点でローマと柏木由紀は似ていると思います。

さておき、いよいよヨーロッパリーグ運命の準決勝マンチェスターユナイテッド戦がやってきます。この試合に先駆けて、ジェコがキャプテンシーというか、チームに対する父性溢れる発言をしているので、ロマニスタのみなさんにぜひ読んで頂きたいと思います。

かつてあなたはヴィクトリア・プルゼニ戦でトリプレッタを達成した際、そのゴールを当時靭帯断裂で選手生命も危ぶまれていたカラフィオーリに捧げました。

ジェコ「確かに、プルゼニの3ゴールは当時怪我で苦しむカラフィオーリに捧げたね。あいつはまだ若く···もちろん今でも若いが、努力をすれば不可能はないということを見せたんだ。そして、この前はELのアヤックス戦で値千金のアシストを決めてローマの勝ち抜けに貢献した。ピッチの外では好青年で礼儀正しく、近頃では滅多に見られないタイプだと思うね」

アヤックス戦で彼のアシストから得点したのはあなたです。

ジェコ「パフォーマンスの面から今シーズンがぼくのキャリアベストとは言い難い。色々な事が起こった。それだけにあのゴールは個人的にもとても重要で、本当に重圧から解放されたと感じたよ。チャンピオンズリーグのリヴァプールから3年後に再びヨーロッパの大会で準決勝を戦うのは、ぼくにとってもローマにとっても大きな意味を持つ。あのゴールは間違いなくぼくのお気に入りになったよ」

木曜日はマンチェスターへ帰ります。

ジェコ「6年前にマンチェスターを離れて初めて戻るんだ。とても嬉しいよ。以前はユナイテッドとはダービーを戦ったが、次はローマのユニフォームを来て対戦する。ヨーロッパの大会、特にこのようなレベルの相手と対戦するのは特別だ。ボクたち全員にとってそうだろうし、良い結果になるように願っている」

ヨーロッパリーグのタイトルは重要ですか?

ジェコ「ローマは重要なマイルストーンに到達した。こんなビッグマッチをプレーする機会はそうそうあるものじゃない。ぼくたちは自分たちのやり方を強く認識する必要がある。彼らが強いのは判っている。それに優勝候補だとも思われている。だけどね、ローマがここまで来たのであれば、勝者の資格があるのだと信じるしかない。自分たちに資質があるのは自覚しているし、まずはチームとして、グループとして行動するべきだ。そうすれば不可能なんて何も無い」

ゴールを決めたいですか?

ジェコ「ネットを揺らせばいつだって初めてのゴールのように嬉しいんだ。もっと重要なゴールシーンがあると人は言うが、ぼくにとって最も重要なのは次に決めるであろうゴールだよ。35歳になった今でも、決められなければ自分に腹が立つし、ボールがゴールラインを越えれば素直に嬉しい。ただ、考え方は数年前とは変わってきたけどね。重要なのはボールがゴールラインを越えたかどうかで、そうなればどれもが重要な意味を持つ。全てのゴールが同じ価値を持っている。それに25ヤードからでも、1ヤードからのシュートでも、それは全てエディン・ジェコの決めたものに変わりはないんだからね」

〈了〉


以下告知です。ぼくがインテリスタのTORAさんとやってるYouTubeチャンネル『セリエAのスタッツが楽しく読めるようになっちゃいます』通称セリスタで、このヨーロッパリーグ準決勝をスタッツから解説する動画を配信予定なのですが、2人共ユナイテッドの試合を観て、膨大なスタッツを分析、検討した結果、1回の動画で我々の考えを伝え切るのはとても難しいだろうとなり、昨晩急遽雑談回というスタンスで収録しました。いま急ピッチで作業しています。ということで『マンチェスターユナイテッド対ローマ戦スタッツから徹底分析』の前半を29日に公開する予定です。

セリエAのスタッツが楽しく読めるようになっちゃいます!
シュート数、ポゼッションからはじまり、ゴール期待値?SCA?GPS?などあまりセリエAファンには馴染みのないスタッツやデータについて、セリエA好き2人が解り易く実例を挙げてお話します。やってるのはこのふたり↓ ■如月 『ASローマ速報~ROMANISMO』の中の人。2004年から続く日本で最も長いローマのインディメデ...

ぜひよろしければチャンネル登録お願いします!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました