たまには思い出して、チョリッチを・・・

スポンサーリンク

27日午前のリエーティ戦でスタメンを努めたウィリアム・ビアンダですが、前半33分にハムストリングスを痛めてJJと交代しました。本日、ヴィラスチュワートクリニックで損傷の程度をチェックしています。プレーにはちょっと気負いが感じられて、監督へのアピールにはなりませんでしたが、早く直して、夏の間にフォンセカを驚かせて欲しいですね。

そんなビアンダの兄貴分といえば、ご存知アンテ・チョリッチです。昨年夏は公式サイトで日記を掲載していて運営推しでしたが、彼を連れてきたモンチとバルザレッティがクラブを去った今、完全に今季の構想外(というか干されてるくらい)になっているらしく、リエーティ戦ではテディーベアみたいに座りながら試合を眺めていましたね。

チョリッチはインスタグラムでランニング風景をアップして、そこにこう言葉を添えました。

Non sono infortunato…(俺、怪我してないよ・・・)

コメント

スポンサーリンク