【FBref データで読み解く】ASローマ・シーズン前半大解剖
詳細へ
スポンサーリンク

【FBref データで読み解く】ASローマ・シーズン前半大解剖

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

DEFENSE/守備

ドリブル突破阻止、タックル成功数、インターセプト、パスブロック、シュートブロックの5項目全てイバニェスが1位という結果が出ています。昨シーズンまでアタランタで全く出場機会がなかった22歳は、全19試合出場していて、そのうち18試合がスターターという絶対的な信頼を得ています。一見ゴリゴリのマンチーニがディフェンスリーダに見えますが、スモーリングが怪我で苦しむ間にチームの守備をけん引しているのはイバニェスであることが判ります。

それにしても、ここまで11試合しか出場していないスモーリングが、シュートブロックでイバニェスに次ぐ9回阻止で2位というのはさすがと言うしかありません。スモーリング不在で最終ラインにフィルターが効いていないということも考えられるわけです。

それにしても、この守備カテゴリーでもパスブロック2位で名前の出てくるミキタリアンは凄いですね。

PASSES/パス

パスにもいろんな種類があります。揺さぶるための縦パス、マークを外すパス、守備の隙間を縫うパス、バックパス、クロスボール・・・この項では様々な配球について分析していきます。

・パス総回数(500回以上パスを出した上位9名)

名前 ポジション パス成功数 パス総回数 成功率
Roger Ibanez DF 950 1093 86.9
Jordan Veretout MF 816 948 86.1
Gianluca Mancini DF 757 858 88.2
Lorenzo Pellegrini MF 652 821 79.4
Henrikh Mkhitaryan FW,MF 570 743 76.7
Leonardo Spinazzola DF 549 700 78.4
Gonzalo Villar MF 595 656 90.7
Rick Karsdorp DF 541 653 82.8
Bryan Cristante DF,MF 519 619 83.8

5位のミキは例外として、ほぼ全員がディフェンダーか、守備的な仕事をするミッドフィルダーであることから、ローマが後ろではボールを持っていることが判ります。また、この中で唯一複数のポジションをこなすペッレグリーニのポジション毎のスタッツをまとめてみました。

対戦相手 結果 ポジション 出場時間 タッチ数 プレス回数 パス試行数 パス成功率
Sampdoria W 1–0 AM 81 59 15 44 81.8
Cagliari* W 3–2 AM 28 19 6 13 84.6
Crotone* W 3–1 AM 28 21 11 17 82.4
Parma* W 3–0 AM 11 10 1 9 88.9
  148 109 33 83 84.425
Benevento W 5–2 AM,DM 90 56 16 49 77.6
Torino W 3–1 AM,DM 90 92 20 77 89.6
Lazio L 0–3 AM,DM 90 58 14 55 69.1
Genoa W 3–1 AM,DM 86 77 7 69 69.6
  356 283 57 250 76.475
Sassuolo D 0–0 CM 81 60 18 52 67.3
Fiorentina W 2–0 CM 78 53 12 43 76.7
159 113 30 95 72
Udinese W 1–0 DM 83 71 11 61 86.9
Atalanta L 1–4 DM 80 49 12 36 88.9
Napoli L 0–4 DM 78 47 7 36 75
Milan D 3–3 DM 75 57 6 52 88.5
Juventus D 2–2 DM 71 41 16 33 90.9
387 265 52 218 86.04
Spezia W 4–3 LW 90 49 12 32 75
Hellas Verona L 0–3 LW 78 70 14 58 67.2
Bologna W 5–1 RW 90 56 16 46 80.4
Inter D 2–2 RW 90 51 12 39 87.2
348 226 54 175 77.45

負けた3試合はペッレグリーニがDM(ボランチポジション)でプレーしています。個人的には、数字ではパッとしませんが、CM(セントラルミッドフィルダー)として、スペースを埋めて効きまくっていたフィオレンティーナ戦のペッレグリーニがとても好きでした。このポジションで固定されそうな時に故障離脱して、不在の間にヴィジャールがハマり、復帰後ペッレが高い位置で固定されていったことに運命的なものを感じますね。

■フィオレンティーナ戦ローマ速報パジェッレ

最後に戦術に関連したデータを見ていきたいと思います。

 

次のページへ

コメント

  1. 孤高のロマニスタ より:

    素人の私には難しいすぎましたが読み応えのある面白い文章でした
    ここに書かれてることが全て理解できた時もっとローマのことが好きになれると思います

    • 如月/kisaragi 如月/kisaragi より:

      孤高のロマニスタさん
      感想ありがとうございます。
      この特集で書かれていることは、仰る通り、分かればローマ、サッカーの見方を豊かにすると思っています。

      より良い説明方法がないか模索しようと思います。

  2. tatti より:

    如月さん

    実に興味深い分析ありがとうございました。次回として、キーパーの数値から見る検証を是非ともお願い致します。
    ドンナルンマやハンダノビッチの安定感に比べ、何故不安で仕方のないゴールマウスなのか、数値的考察で是非ともご教示お願いします!
    ここが想定以上のパフォーマンス出せれば、もっと上いけるんちゃうんか!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました