ペッレグリーニ主将、2021年を総括する
詳細へ
スポンサーリンク

【ECL前日会見】モウリーニョ監督「人工芝でプレーできない選手もいる」

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ローマはカンファレンスリーグで上手くローテーションを使って勝利しています。明日も同じやり方で戦えるのでしょうか?

モウリーニョ監督「ふむ、状況はそこまで楽ではないな。天候は難しく、ピッチは人工芝で、試合をするために4時間のフライトがあり、試合後も同じ時間飛行機に乗り、日曜にナポリと戦い、その二日後にカリアリと戦う。難しい状況だ。私たちは故障で選手が少ない。ローテーションを少しづつ取り入れていかなければならない」

人工芝と天然芝のピッチではどれほどの違いがあるのでしょうか?

モウリーニョ監督「まるで異なるものだ。そして北欧諸国の気候も私たちには厳しい。ただ、ピッチも天候も私たちは問題ない。それ自体を否定しているわけではないからね。だが、ザニオーロやカルスドルプといったある種の故障歴のある選手をこの環境下の人工芝に立たせるリスクは冒せない。しかし、ここに来ることが出来て嬉しいという気持ちはハッキリさせておきたい。私はこれまで多くのクラブを指揮したが、ノルウェーに来たのははじめてなんだよ。このような素晴らしい場所で、我々全員にとって明日が上手く行くことを願っている」

ボデ/グリムトで気になった選手はいますか?

モウリーニョ監督「名前を挙げるのは好きではない。もし仮にそうしたならば、彼らのモチベーションを高めてしまいかねないね。しかし、彼らの分析をしていて、ボデ/グリムトが4ポイント獲得している理由は判っている。彼らはグループで最もタフなチームで、より組織的だ。明確なアプローチを持ち、どのように戦うべきか知っている。特に敵地となれば明日は本当に難しい試合が予想される」

ユヴェントスの試合について現在どのようにお考えでしょうか?すでに過去のものとして考えていますか?

モウリーニョ監督「試合後に分析したが、自分たちの戦い方には満足をしている。その点では、この試合はステータスが上の相手と戦う時に、私たちの忘れるべきではない姿勢として覚えている必要がある。確かにあの試合はゴールか?PKか?という議論があった。だが、全体的にもっと分析して、論じることができる。なので、私はもうこの議論に参加せず、自身のチームのパフォーマンスに集中して取り組みたい」

明日の試合で全ての選手を入れ替える可能性は?

モウリーニョ監督「すでに6ポイントを積んでいるのである程度余裕を持った起用ができるだろう。もちろん選手たちにはそれが優位だと思わずに、勝利のためにプレーして欲しいが。ただ大幅な変更はしないだろう」

明日の天候に不安はありますか?

モウリーニョ監督「いいや、なるようになるし、サッカーはサッカーだ。それにサッカーは冬のスポーツで、なによりもそれを愛する人たちのスポーツだ。明日、どのような天候であっても家を出てスタジアムに来てくれる人たちは、このスポーツを愛しているからこそやって来る。ボデの選手よりも私たちのほうが少し厳しい環境だろう。だがそれもサッカーだ。とにかく明日は誰も怪我をしないことを願っている。そして明日の試合を全員で愉しみたい」

ボデ/グリムトはどのようなアプローチで戦うでしょうか?

モウリーニョ監督「彼らは常に同じ組織的な戦術を持っていて、守備、プレッシング手法、トランジションにオリジナルの解釈を加えている。私はそれを分析する以上のことはできない。ノルウェーリーグ、カンファレンスリーグの2試合とその予備戦、全てを見て、選手個々の能力やチームのプレースタイルを理解しようとしている」


プレスルームを去る間際に明日のカピターノが誰かを訊かれたスペシャルワンはこう答えた。

モウリーニョ監督「それに答えれば、明日誰がプレーして、誰がプレーしないかが判ってしまうだろう」

<了>

明日の試合では第4のユニフォームを着用することが発表されています。

公式サイトで販売が開始しているので、売り切れる前に入手したいところです。誰のシャツにしますかね。悩む。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました